とある大学生のブログ

都内大学2年生のブログです。色々な内容を書きたい時に書いているので、カテゴリー別に分けています。

【私の大学受験①】高校入学から受験勉強開始まで

 

 

 

以前からずっと書こうと思っていた

 

 

私の大学受験について、今回の記事から書いていきます。

 

 

 

受験経験を書く目的は

 

 

「過去の私と同じような境遇の人がこの文章を読み、進路を考える際に役立ててほしい」ということ、と

 

 

「自身の記憶がまだ残っているうちに、文章として記録しておきたい」ということの2つです。

 

 

 

文章が長くなればなるほど、下手な文章が目立ってしまいますが、

 

 

頑張って読みやすく書いていこうと思います (笑)

 

 

 

 

最初、1つの記事にまとめようとしたのですが、とても長くなってしまいそうだったため、何回かに分けます。

 

 

 

また、大学受験経験というのは、具体的には現役時代から仮面浪人時代までのことを指します。

 

 

そこで、今回は高校入学から書きます。

 

 

 

 

 

 

 

私は高校受験では、自身の偏差値よりも少し低い、自称進学校レベル(偏差値55弱)の公立学校を受験し、

 

 

楽々とその高校に合格することができました。

 

 

 

高校に入学したばかりの頃は意識だけ、「大学は早慶を目指す」と考えていましたが、

 

 

 

勉強を熱心にするなど、行動に移すことはなく、

 

 

 

高校に余裕で入ったせいもあって、高校1~2年生の間は、かなり勉強をサボりました。

 

 

学年内の成績は平均以下というのが普通、教科によってはクラス最下位レベルということもありました。

 

 

 

 

高校2年生の秋頃から少し危機感を覚え始め、その時期は比較的好きだった数学Ⅱだけ、かなり勉強しましたが、

 

 

それ以外は全然ダメっていう感じでした。

 

 

 

 

 

そして、高校3年生になって、大学受験のための塾にも通い始めて、やっと本格的な勉強を開始。

 

 

 

とりあえず、志望校はMARCHレベルと設定しました。

 

 

ところが、私は集中力がとにかく無いため、一日中机に向かっても、実質勉強時間は4時間くらいということが多々ありました。

 

 

 

 

そんな勉強時間では、成績が思うように上がるわけもなく、模試でもE判定しか出ず。

 

 

 

 

しかしMARCHレベルは絶対合格したいという思いだけをずっと持ち続けて、勉強をつづけました。

 
 
 
 
 次回、現役での受験科目と通っていた塾・予備校について書きたいと思います↓